苫米地式認定コーチ 鈴木一弘オフィシャルブログ

認知科学(機能脳科学、認知心理学、計算言語学、分析哲学)に裏付けされた コーチング理論により、短期間で多くの成果が出る苫米地式コーチング、鈴木一弘は苫米地式コーチングの技術を修めDr.Tomabechi Personal Coaching Schoolより認定された苫米地式コーチング認定コーチです。Functional Brain Apparel Company代表 脳と心の寺子屋 ー 苫米地式サテライト選任講師 苫米地ワークスと連携しクラブ苫米地オフィシャルショップにて苫米地Tシャツ販売中!http://www.club-tomabechi-shop.com

抽象思考トレーニング



高い抽象度で現在を見れば、
現状の外側の情報や、
未来への法則を見いだすことができるようになります。

抽象思考トレーニングをおこなうことで、
目標やゴールの達成に近づくことが容易になるでしょう。

抽象度を高めるとは、
物事を2次元的な平面でとらえずに、
時間と空間を超えた推測をして、
立体的に認識するということです。

例えば車を見て、
  • これは車だな
  • 高そうだな
  • 車通勤ができそうだ
というようなことしか考えつきませんが、
物事を立体的に見るトレーニングでは、
時間と空間を越えた推測をするのです。

例にすると、
  • この車はどのように工場で作られたのか
  • 部品はどこで作られているのか
  • どうやってディーラーに運ばれたのか
  • どのようなイメージでこの車は設計されたのか
  • 1年前、この車はどういう状態だったか
  • そもそも車というのはどのような経緯で開発されたのか
  • いつ、誰によって始めて開発されたのか
などをイメージしたり、
調べてみましょう。

それぞれを個別に認識することができたら、
いったん目をつぶって、
パッと目を開けたら、
その個別の認識を、
同時に認識するようにします。

1回でできなければ、
何度も繰り返しておこなってください。

すると、
目の前の車がタダの物ではなく、
様々な情報を内在した情報的存在になります。
 
それが、
物事を立体的に見るということです。

これを、
車だけでなく、
身の回りにあるすべての物や生き物、
自然に対しておこなうのです。

例えばあなたが、
営業の仕事をしているのなら、
Aさんに会ったときも、
  • Aさんの家族はどんな人だろうか
  • 何をしたら笑顔になるのかな
  • どのような趣味を持っているのか
  • 朝ごはんは食べたのかな
  • 子供の頃はどんなことをしていたのだろう
  • 10年後Aさんは何をしているかな
など、
あげればキリがないほど、
この世界に存在するすべての人やモノ、
現象には、
私たちが物理空間で体感する以上の膨大な情報が含まれています。

そんな膨大な情報によって形成されているのが、
情報空間です。

情報空間にアクセスをすることによって、
抽象思考のトレーニングになります。

トレーニングを続けていれば、
普段から高い抽象思考ができるようになり、
物理空間に縛られているときには見ることができなかった法則性、
世界を支配しているルールが見えてくるのです。

green-3179924_1920

コーポレートコーチング



烏合の衆という言葉がある。

ただ寄り集まっただけの群衆を意味するかなしい言葉である。

なぜこのようなことを冒頭に記述したのかというと、
数年前から携わっている、
コーポレートコーチングにおいて、
必ず立ちはだかるヤワな壁だからだ。

私がおこなっているコーポレートコーチングは、
企業の利益を上げることはもちろん、
サービス向上、社会性の向上、
クライアントの能力、
コレクティブエフィカシーの底上げ、
チーム、個人の目標・ゴール達成の手助けをしている。

簡単にいうと、
業種は問わず、
クライアント1人で、
どのような環境においても破壊力の出せる、
特殊部隊の兵士を育成しているようなものである。

コンプライアンスに引っ掛かるので、
詳しい記述はできないが、
さまざまな業界で、
営業成績全国1位のチームをつくってきた。


このあたりで、
私の仕事の紹介は終えて話を戻そう。

営業職にはマニュアルのようなものがある。

私の知りうるほとんどの企業では、
初めて仕事に就く人に、
徹底的にマニュアルをおぼえさせ、
その後、実戦に投入する方針をとっている。

ここまでは、
マニュアルを必要としている人がいる以上、
まだ許せるが、
そのマニュアルを少しでも逸脱すると、
怒られ、
もとのマニュアル通りに戻されるのである。

それで仕事や営業を完遂できるのなら良いが、当たり前に完遂できない。
さらに完遂できないと、
「なぜできないんだ!」と、
どやされるのである。

そんな仕事の毎日を繰り返している集団は、
やがてエフィカシーも下がり、
烏合の衆と化す。

私はこれを、
まるでクローン人間をつくる教育(洗脳)のようだ。と思っている。

もちろん、
物を販売したり営業をするには、
その物の知識や、
値段などを理解したり、
仕事の仕方の一例を理解することは、
必要なことかもしれない。

しかし、営業や販売に重要なのは、
それだけではないことも理解しておく必要がある。

これは、
人の心を理解するには、
ただ心理学を勉強しているだけでは理解できないのと同じことである。


クローンは同じ遺伝子組成を持っており、
さしあたって生きるには困らないが、
集団がすべてクローンになると、
絶滅確率が高くなる恐れがある。

同じ遺伝的組成であれば、
環境変動や感染症に対する抵抗力もほぼ同じだと考えてよい。

すると、
たとえば新しい感染症がクローン集団を襲ったときに、
すべての個体が抵抗力に乏しいということになりかねない。
その結果、
集団は絶滅の危機に直面するのである。

1845年に、
ポテト・レイト・ブライトと呼ばれる、
ジャガイモの病気がヨーロッパを襲った。
特にひどかったのはアイルランドで、
当時栽培されていたジャガイモの大半は、
1845年から1849年の大流行で壊滅した。

栽培されていたジャガイモは、
ほぼ同一品種のクローンで、
病原体のカビに対する抵抗力が弱かったのである。

ジャガイモを主食にしていたアイルランドの人たちは飢えに直面し、
人口900万人のうち100万人が死亡し、
150万人がアメリカに移住した。

ジャガイモがクローンでなければ、
中には抵抗力のあるものもあり、
こんな悲惨なことにならなかっただろうといわれている。


営業のマニュアル集団にも、
同じことがいえる場合がある。

ある事象がきっかけで、
会社がいくつか吹き飛び、
ある人は解雇され、
ある人は他社に移動をするということも、
そうまれな話ではないのだ。

そもそも個人の能力やエフィカシーが高く、
強力なユニットをいくつも持っている企業や組織であれば、
不意なアクシデントや事象にも、
簡単に屈することはない。

私たちの暮らしている日本で、
コーチングやコーポレートコーチングは、
まだまだ未導入、
もしくは改善の余地があり、
軽くテコ入れをするだけで、
チームの業績が跳ね上がったり、
安心して仕事ができるようになったり、
個人のゴールが簡単に楽しく達成できたりすることは、多々あることなのである。

wave-1913559_1920

未来・過去・現在と抽象度



このブログ内で、
時間は、未来から現在、
現在から過去に流れている。
とお伝えしましたが、

さらに厳密にいえば、
「情報空間においては、
未来も過去も、
現在と同時に存在している」
ということができます。

「一念三千」
という言葉をご存知でしょうか?

一念とは瞬間瞬間の心のことで、
三千とは現在、過去、未来の、
すべての現象や働きを表しています。

簡単にいえば、
現在という一瞬に、
宇宙のはじまりから終わりまで、
すべての時空が凝縮されている、
ということです。

夜空を見上げると、
無数の星が輝いています。
そのひとつの星は、
百万光年も離れた場所に存在しています。

その星が爆発して消滅した光が届くのは、
百万年先の未来になるわけです。

これは未来の情報になりますが、
実際には、
今この瞬間に星は爆発をしているかもしれません。

このように、
宇宙全体を見渡すことができる俯瞰的な目を持つことができれば、
百万年後の未来の情報を、
今この瞬間に認識することができるのです。


俯瞰的な視点を持つことを、
「抽象度を上げる」といいます。
抽象度とは、
情報空間における視点の高さのことです。

抽象度を上げていけば、
より多くの情報にアクセスすることができるようになります。

たとえば、
あなたがいま居る「その場」
しか見えていない場合は、
日本全体やアジア全体、
世界全体を見渡すことができません。

しかし、
「地球人である自分」
まで抽象度を高めることができれば、
自分が住んでいる町だけではなく、
日本のこと、
アジアのことも認識できるし、
さらにはヨーロッパやアメリカ、
アフリカなど、
自分が住んでいない場所の情報にもアクセスできるようになるのです。

なぜならば、
「地球」という情報には、
あなたがいま居る場所はもちろん、
「OO県」などの日本の各県、
「日本」「中国」「韓国」などの国々、
さらには「アジア」「ヨーロッパ」「アメリカ」「アフリカ」
などの各地域といった、
「地球」よりも抽象度の低い情報をすべて含んでいるからです。

抽象度を上げてものを見ると、
自分が知らない情報、
見えない情報も認識できるようになります。

さきほどの星の例でいえば、
物理空間において、
百万年後に認識する未来も、
抽象度を高めることができれば、
「現在に起こっていること」
として認識できます。

つまり、
「情報空間においては、
過去も現在も未来も同時に存在する」
ということができるのです。

planet-581239_1280

リアルの定義をバージョンアップする



ゴールや目標を達成するには、
ゴールや目標を達成した未来から見て、
現状や過去を判断するべきです。

先日、
下記ような質問を受けたので、
解説をいたします。

「未来をイメージする」といわれても、
実際にはまだ起こっていないので、
リアルに未来を感じることができません。


まず、この質問の答えをいうと、
物理空間と情報空間を区別しているから、
リアルに未来を感じることができないので、
リアルの定義をバージョンアップしましょう。
となります。


一昔前までは、
体で触れたり、
物理空間で五感を通じて認識・体感できる体験のことをリアルと呼んでいました。

しかし、現在の認知科学の定義では、
「臨場感のある世界」=「リアルな世界」   
となっています。

つまり、
イメージや本などの世界、
私たちの脳と心の中に存在する、
さまざまな概念が作り出す情報空間も、
リアルということになります。

人は、映画を見たり、
ゲームのストーリーでも、
感動をして涙を流し、
手に汗を握り、興奮もします。

その人が臨場感を感じる。
それがリアルなのです。

なぜ、リアル定義が変わったのかというと、
認知科学によって、
「誰も物理空間を正確に認識していない」
ということが証明されたからです。

一昔前のバージョンが正しい。
といくら主張しても、
身近な人や、
自分のしている腕時計でさえ、
スケッチをすると、
鮮明に描けないことがわかります。

結局は、
自分にとって重要だと思われる、
(臨場感が持てる)
情報だけで構成されているのです。

リアルとは、
もともと物理空間のことではなく、
情報空間のことだった。
というわけです。

「未来をリアル感じることができない」
という人は、
単に物理空間に束縛されているだけです。

未来の出来事についても
「その未来が実際に起こっているんだ」
と臨場感を持ってイメージできれば、
未来はあなたにとって「リアリティある世界」になります。

未来がすでに起こっていると思えば、
現在の見え方はまったく違ったものになるはずです。

未来の臨場感を高めることで、
一般的に考えられている因果関係を逆転させる方法は、
個人の存在だけではなく、
世界に起こっているすべての出来事にも当てはまります。  

 まずは未来をイメージして、
「その未来は起こっているのだ」と、
強烈に思ってください。

そうすれば、あなたが思い描いた未来の中の「ゴールへの接点」を現在の中に見つけることができます。
その「ゴールへの接点」を見つけることができれば、
未来への扉は大きく開かれます。 

clouds-571549_1920

未来も過去も、自分で決めてよい



みなさんは、
自分で未来を決めていますか?

もしかしたらあなたは、
このように教育されたかもしれません。

「過去が蓄積されて、
現在になっているんだよ。」と。

そのような教育を受けた人は、
過去から現在がうまれてくるのだから、
先の事なんて、
どうなるかわからない。
と思っているに違いないでしょう。

果たしてそれは、
本当なのでしょうか?

時間は過去から流れているという考え方は、
西洋の古典的な時間観に過ぎません。

神様がビッグバンを起こし、
玉突き的に因果がうまれ、
未来になっていくという感覚です。

それ自体、
ひとつの考え方であって、
絶対的な情報ではありません。

多くの人は、
ただそのひとつの考え方を何気なく信じて、
いまを生きています。

そのような人たちは、
現在や未来のことを考えるときに、
過去の認識や記憶を基準にするのです。
  • たくさん勉強をしたから、大学に入れた。
  • 仕事を頑張ったから、給料が増えた。
  • 彼女ができたから、幸せになれた。
上記のような、
過去が因で、
現在が果だとする関係性には、
大きな矛盾があります。

大学に入れたのは、
たまたま面接で気に入られたからかもしれません。

給料が増えたのは、
別の部署の利益が増えたからかもしれません。

幸せになれたのは、
彼女の好みが、
偶然あなただったからかもしれません。


AならB、
BならCという三段論法的な考え方は、
あなたが勝手に想像しただけのものです。
他にも別の要素DやEという、
あらゆる可能性の中から、
現在のあなたが選択し、
因果関係を作っているだけなのです。

つまり、
すべては現在のあなたの認識しだいで、
実際には現在の認識が「因」で、
過去の出来事は「果」なのです。

過去とは、
「過ぎ去ってしまった、
変えることのできない出来事」
ではありません。

「その人の記憶の中にある、
起こった出来事に対する現在の解釈」です。

だから、
まったく同じ出来事でも、
現在や未来から見た評価によって、
過去はいくらでも書き換えることができ、
まったく違ったものになるのです。

認識は、
どのようにでも変化、
書き換えが可能であるのならば、
未来からの視点で物事を判断することによって、
未来を描き「自分で決定」をすることができるのです。

nature-3054737_1920

RASと発電所



あなたの世界、
私たち人間が生活をしている社会で、
ゴールや目標を達成するためには、
もっとよく、
人間のことを理解しておいて損はないはずです。

そこで今回は、
脳の重大な「性質」のお話をしましょう。  

その性質とは、
人間の脳は、
「自分が重要だと思うもの」しか認識していない。
人間の脳は、
「認識しようと思うもの」しか認識していないという性質です。 

人間の脳が「自分にとって重要な情報しか認識しない」理由は、
人間が生きていくためには不可欠なことなのです。

現在、
私たちの生活のなかには、
大量の情報が存在しています。

もしも、
そのすべてを認識しようとして、
脳がフル回転をしたら、
あっという間に「餓死」をしてしまうでしょう。

脳はすぐにもの忘れをしますし、
簡単に間違えを起こします。

しかし、
もし脳が「真面目にやるぞ」
とフル回転をすれば、
1日に原子力発電所1個分に相当するエネルギーを消費してしまうのです。
そんな膨大なエネルギーは、
摂取などできません。

つまり、
脳は餓死をしないために、
わざと怠けているのです。


脳が情報を、
必要、不必要と分別するシステムを、
「RAS(ラス=ラティキュラー・アクティベーティング・システムReticular Activating System)」といいます。

RASは脳の基底部にあり、
網様体賦活系という脳の活性化ネットワークです。

自分にとっての重要度に基づいて、
五感を通じて入ってくる情報にフィルターをかけ、
受け入れる情報と遮断する情報を分けています。

RASによって、
脳は不必要な情報を処理する手間が省け、
膨大なエネルギーを消費しないで済んでいるのです。

そこで問題なのは、
私たちにとって、
いったい「何が重要なのか」
という判断の基準がどこにあるかということです。

あなたの情報に対しての判断基準は、
ゴールや目標にとって重要でしょうか?

多くの人は、
過去の情報をもとに、
判断基準をつくっています。

現在を見つめるためのカメラのピントが、
つねに過去に合っているのです。

過去にとらわれた現在を、
いくら眺めても、
未来は到底見えてきません。

RASは、
視点を変えることで、
変更可能なメカニズムであることを理解しましょう。

コーチング教育や理論は、
現在を正しく見て、
未来から現在を見ていくプログラムでもあるのです。

wooden-wheel-2490210_1920

落胆こそチャンス!



みなさんは、
仕事や勉強、
物事に対して、
行き詰まり感や、
エネルギー切れをおこしていませんか?

落ち込んで、
なりたくない自分になっていませんか?

そんな時だからこそ、
ひとつ提案があります。

なにか別の事をやってみましょう。

「目の前の問題を解決している最中なのに、
なんで別の事をするのか」
と思うかもしれません。

人はマルチに行動ができる生き物です。
人格をいくつでも形成することができます。
好きなことをしているときは、
756倍の活躍ができます。

今とは別の事をやってみる一番の理由は、
意図的に新しい状況をつくり、
新たな強さを手に入れた状態で、
古い問題と向き合うためなのです。

今のあなたは、
現在の自分で自己評価をし、
限界を決めつけています。

別の事をやってみた未来のあなたは、
過去の自分を、
「素晴らしい、成長しつづけている」
と評価します。

つまり、
自尊心を引き上げるのです。

なにか別の事とは、
「自分なら出来る」と、
心から思えることを選んでください。

あなたが「うまくいく」と確信し、
全力で取り組む時、
落胆の渦から抜け出して、
大きな成果を得ることが出来るでしょう。


cube-2803223_1920

逆境をエネルギーに変換する




虎穴に入らずんば虎子を得ず、
危険を避けていては、
大きな成功も有り得ないということのたとえですが、

危険なこととは、
果たして本当に危険なのでしょうか。

今回は、
あらゆる逆境をツールにして、
肯定的に使う方法をお話しましょう。

良くない事は時々、
私たちに起こります。

そんな時、
ある人はその良くない事を、
「なぜそれが起こってしまったのか」と、
いつまでも考え続けます。

笑える話ですが、
理解をするのは不可能に近いです。
なぜなら、
その良くない事が私たちに降り注ぐ間に、
いくつもの要因があるからです。

さらに、
たとえその要因を、
ひとつづつ紐解いたとしても、
なんの解決にもなりません。

どこからか矢が放たれて、
隣の人に刺さりました。
どこから矢が放たれたかを探している暇があれば、
すぐに隣の人を助けるべきなのです。

さて、
逆境の話に戻りますが、
もしもあなたが逆境にさらされたなら、
その逆境に対しての反応に注意をすることです。

良い事と、
良くない事が半分づつ存在する。
というような考え方を、
私は全く信じていませんが、
簡単な原理で、
良くない事を知らなければ、
良い事もわかりません。

単純な例え話をすると、
おこづかいを500円もらっている子供が、
来月から1000円になれば、
「やった、2倍、ラッキー」となりますが、
もともと1000円をもらっている子供からすれば、
「うん、まぁ、ね、」としか感じません。

私たちは、
人生で起こり得る全てをコントロールすることは出来ません。

コントロールが出来る唯一のものは、
起こった出来事に対する私達の反応です。

私達が逆境の波に流されそうになる時、
いままでに得られなかった自分の能力を発達させるチャンスを得ます。

理解するべき事は、
辛い時に「ただ辛い」
と反応するのではなく、
ゴールや目標に結びつくかを考え、
強いエネルギーを得るということです。

強いエネルギーを持つ人には、
希望やドリームサポーターがついてきます。

強いエネルギーを持つ人は、
逆境を自分の利益に使う術を学んでいるのです。

もし今が、
あなたにとって辛い時であれば、
諦めてしまわないことです。

なぜなら、
私たちにはつねに、
大きな可能性があるからです。


poppy-3054856_1920

スコトーマと常識



みなさんの目の前の世界は、
記憶で成り立っています。

目の前のオムレツが食べ物だとわかるのは、
オムレツとは何かを、
過去の記憶として知っているからです。

その記憶がなければ、
オムレツの存在さえも認識に上がりません。

実際、
同じ職場にいても、
  • 仕事が好きな人
  • コーヒーを飲まない人
  • タバコを吸う人
  • 営業の得意な人
など、本人の持つ記憶によって、
見えているものは全く変わります。

この原理が、
コーチング教育では「スコトーマ」
と呼ばれる心理的盲点のカラクリです。

その存在に知識がなければ、
その存在を認識することさえ出来ません。

更に重要なことは、
知識があったとしても、
その存在が自分にとって重要でないと無意識が判断をすると、
知識がないものと同様に扱われます。

つまり、
認識に上がらないということです。

逆に重要だと判断されると、
突然認識に上がります。

これが、
「車を買おうと思い立って初めて、
街中にいろいろな車が走っていることに気がつく」
といったことで知られる、
スコトーマの原理です。

このように、
存在そのものを認識したり、
しなかったりするのは、
  • 体験的知識の存在
  • 無意識の重要性判断
この二つが関わることで決まります。
このプリンシプルをよく理解しましょう。

更には、
その重要性を決定するのは、
その存在が自身のゴールに合致するかしないのかというのが、
コーチング理論の基本です。

このような重要性の体験的知識のことを、
群れのルールとは異なる意味で、
コーチング教育の中では「常識」
という言葉で表しています。

また「常識」は、
みなさんに見えるもの、見えないもの、
すなわち、
みなさんの現実世界そのものを作り上げる知識の集合となります。

もちろん、
これらの常識は、
過去を都合よく支配している者の都合に合わせて作られているのであり、
それが、
みなさんの未来にとって望ましい。
という可能性は、
極めて低いと疑うべきでしょう。

みなさんの目の前の現実は、
みなさんにとって、
不利な状況を引き起こす可能性があるものの集まりであると考えるべきです。

コーチングを受けたり、
コーチング理論を学ぶことによって、
常識の種を明かし、
見えるべきものが見えるようになって、
みなさんのゴールが達成することを願っています。

rose-3089673_1920

自分をコントロールする



悟りへの道を本気で探求する者は、
自分の心に条件を指令する。
それから、
強い決意をもって前進する。
―――釈迦

みなさんは、
自分をコントロールするために、
どのような思考をするでしょうか。

もしも、
あなたが営業マンで、
今日はもう疲れているから、
もう一件も営業ができない状態でいるとします。

例①
あなたのライバルであるAさんが、
あなたよりも一件多く営業をおこなう。
それを頭にイメージします。

すると、
なぜだか身体は疲れていても、
「もう一件だけ営業に行こう」
というエネルギーになります。

実際にAさんが、
あなたより、
一件多く営業をおこなっていないにも関わらずです。

これは、
目的を達成するために、
感情的に虫の好かないこと、
情動を利用した方法です。

それ以外には、
どのような方法があるでしょうか。

例②
セルフトークを使う方法、
「あきらめるな」とか、
「やり続けよう」などと、
自身を励ます。

例③
活動・体を動かす方法、
動き回り、
さらに運動し、
大声を出したりします。

例④
表情や姿勢を変化させる方法、
あごを引く、
上くちびるをきつく閉じる、
眉をしかめる、
胸を張るなど。

例⑤
場所を移動する方法
勉強をする際、
学校や自分の部屋があるのに、
カフェやファミレスで勉強をする方が、
いつもよりはかどるというタイプは、
上記にあたります。

例⑥
みなさんがよくおこなっている、
コーヒーや紅茶を飲んだり、
タバコを吸う行為なども、
脳に化学物質を送り、
気分を変化させる方法です。

この中で、
おそらく一番強力なのは、
例①の情動を使う方法です。
しかも、
ある特定の人間の、
損得を決めるような思考、
であると推察されます。

例えば、
成功したときに受ける尊敬と、
失敗したときに受ける非難、
とくに自分が愛着を抱いている人から受ける尊敬や非難を想像すると、
格段に効果が高いはずです。

ただし、
これは昔の考え方でもあります。

現在のゴール達成、
プライミングのやり方は、
このブログにもいくつかあげていますが、
もっと慈愛に満ちていて、
利他的な方法がとられています。

そもそも、
ゴールがしっかりと見えていれば、
例①~⑥のようなことをしなくても、
自然とゴールを達成をすることができるのです。


mountain-2953412_1920

脳で情動をコントロール



様々な喜びや恐怖は、
経験、風習、ルール、
習慣などとして、
大昔から伝えられ、
蓄積をされて今日に至ります。


さて脳は「恐怖」や「喜び」を、
どのように処理しているのでしょうか。

まず「大脳辺縁系」のうち、
「海馬」が記憶に関り、
「扁桃体」が、
情動に関わるとされています。

特に恐怖や嫌悪のような、
感情と関連するのは扁桃体です。

海馬にしまわれている、
かつて「怖い思いをした」
という記憶を、
扁桃体が増幅することによって恐怖を感じ、
身体が硬直したり、
心拍数が上がったりする仕組みになっています。


次に恐怖を感じる脳のメカニズムを見てみましょう。
扁桃体による処理は「視床下部」
へ伝えられます。
視床下部は、
自律神経機能の司令塔ですから、
自律神経反応を引き起こして、
心臓の拍動が速くなったり、
胃腸の働きが変化したりします。

恐怖を引き起こす刺激の場合は、
扁桃体から「中脳」へも情報が伝達され、
すくみ上がるといった行動(フリージング)が引き起こされます。

真に進化している人間がいるとしたら、
自分の恐怖をコントロールできますから、
恐怖はありません。
他人から恐怖を植えつけられるようなこともありません。

恐怖を抑えているのが「前頭前野」です。
特に「前頭前野内側部」のうち、
「前頭前野腹側内側部」と、
「眼窩前頭前野内側部」の2ヵ所が司ります。

そこが扁桃体を直接コントロールして、
感情や行動をコントロールしています。
同時に視床下部に対しては、
腹側内側部がコントロールをしています。

ということは、
前頭前野が恐怖体験そのものをコントロールできる。
ということを意味しています。

恐怖はもちろん、
どんな情動であっても、
強くすることも弱くすることもできます。

ですからちゃんと前頭前野が使えるように訓練している人なら、
どんな恐怖でも一瞬で消すことができるのです。


例えば、
誰もいない夜道で向こうからライオンがやって来たと想像してみてください。

恐怖を感じ、
逃げ出したくなるでしょう。
でも、よく見たらネコだったと分かると、
一瞬でその恐怖は消えてしまいます。


喜びだって同じです。
1億円のジャンボ宝くじに当たった。
と大喜びして銀行に換金に行ったところ、
「お客様、番号が一桁違っています」
と言われたら、
それまでの興奮や喜びは、
一瞬で消えてしまうでしょう。

このように前頭前野は、
情動を一瞬で変えることができるのです。

人類は今も進化しています。
情動がゼロになるわけではありませんが、
進化した人類なら、
怖いことがあっても、
瞬間に消すことができます。

一方、どうしても、
恐怖をコントロールできない人々がいます。
彼らは根拠のない恐怖に苛まれて、
簡単に支配されてしまいます。
そして単純な罠にはまるのです。

しっかりとその恐怖と向き合い、
正しい認識でコントロールをすれば、
ゴールの達成にも、
大いにつながることでしょう。

さらに恐怖をコントロールできれば、
リラックスに変換することもできます。
リラックスをすることでIQも上がり、
そこにチャンスが生まれてくるのです。


cube-1347427_1280


言語束縛から解放される二つの方法



人々が、
言語(言葉)によって束縛されている状態を、
「言語束縛」と言います。

この世界が、
すべて言語によって認識される。
ということがそもそも、
「言語束縛」ですし、

宗教などが、
戒律などを用いて人々を支配している状態も「言語束縛」と言えます。

「言語束縛」を受けている世界では、
言語化されていない場所へは、
一歩たりとも踏み出せません。

いわば言語世界の住人は、
言語世界に一生囚われる。
ということになります。

では、この「言語束縛」を、
どうやって外せばよいのでしょうか。

それには二つの方法があります。



一つは「頭の中をスッカラカンにする方法」

それは禅宗のやり方です。
自分の頭の中から、
すべての言語を消し去る方法です。
「馬鹿になる」と表現することもできます。

なるべくなるべく、
頭の中で、
言語を意識しない状態をつくるのです。

ただし、禅では、言語ではなく、
イメージが見えている分には、
「雑念」とは言いません。

光や音が聞こえたからといって、
「喝!」とは言われませんし、
仏様の姿がイメージされたとしても、
「喝!」とはなりません。

ただし、イメージを言語化した瞬間、「喝!」が来ます。

私たちの想念は、
何で作り上げられているのかというと、
生まれてから、
今日までに積み重ねてきたことの集積です。

そして過去の記憶は、
親との関係や学校教育なども含めて、
そのほとんどが、
他人との関係でつくり上げられたものです。

仏教の言葉で言うと、
それは私たちそのものが、
どのように成り立っている存在であるか、
すなわち、
「縁起」を意味しています。

縁起とは、
「それ単体で成り立つものは何もなく、
すべては他のものとの関係性によって成り立っている」
という思想です。
このようにして、
言語としての想念が作り上げられていきます。

それが世界を規定しているのですから、
その言語を取り払ったとき、
はじめて本物が見えるようになります。

それを「覚醒」というのです。

言語という言語はすべて取り払うので、
自然言語だけでなく、
記号の類や人工言語もすべてです。

言語化されていなくても、
「思考」であれば、
ほぼ言語に近いと考えられるので、
思考もしません。

この世は情報で成り立っているわけですから、
言語化しないというのは、
とんでもなく大変なことなのです。

すべてのスコトーマをはずして、
「あるがままに見る」を、
実践する必要があるのですから。



二つめの方法は密教方式である、
「言語を入れずイメ―ジを使う」方法です。

密教方式は、
頭を馬鹿にするのとは逆に、
イメージで頭をいっぱいにすることで行ないます。
なるべくなるべく、たくさんのイメージをするということです。

たとえば曼荼羅を見て、
曼荼羅のイメージで頭をいっぱいにして、
言語を排除します。

曼荼羅はご存知のように、
仏教(特に密教)の世界観を表現した絵画ですが、
仏様がいっぱい描かれています。
それをひとりひとり見ていきますが、
そのとき言語を一切介在させてはいけません。

仏教の歴史に詳しい人などが、
曼荼羅を指して、
これは何という仏様だとか、
どういう意味があるのか、
と説明していることがありますが、
それはやってはいけない、
素人の行いなのです。

イメージに、
「意味」を持たせてはいけません。

「意味」という解釈された情報にした瞬間に、
言語化されることになるからです。

曼荼羅のみならず、
密教は言語を排除することを目指しています。

苫米地式のコーチの得意とする、
非言語的な記憶への介入や、
書き換えの技術も、
密教などから伝承された技術を、
さらに科学的に検証し、
体言化したものになります。


background-2995826_1920



機能脳科学トレーニングをするうえで



こちらのブログ内で、
いままで紹介されてきたトレーニングをおこなうと、
「難しいな」
「上手くできない」
「やめたくなっちゃう」
と思うことがあるかもしれません。

それは当たり前です。

トレーニングによって改善したいのは、
これまでの人生すべてで作り上げてきたブリーフシステム(信念)ですから、

最初は無意識のレベルで抵抗が出てきます。

現状を維持しようとする、
ホメオスタシス(恒常性維持機能)が働くからです。

それがある時、
逆向きにホメオスタシスが働きはじめる瞬間があります。

そのときから、
無意識がどんどんゴール達成に向けて活動します。
日々の何げない行動も、
すべてゴールに向かいはじめます。

個人差がありますが、
早ければ2~3週間で効果をしっかりと実感できるはずです。

トレーニングは1日2回、
最低4週間はおこなうことをお勧めします。

トレーニングによって、
パフォーマンスを上げ、
あなたのブリーフシステムを改善し、
新しい未来を作り上げてください。 

barley-1117282_1920

ラベリング系トレーニングの重要ポイント



過去、現在、未来の情動記憶に
「T」「NIL」「D」
というラベルを貼るときには、
現在の自分が評価をしてはいけません。

現在の評価そのものは、
「D」だからです。
実は、そのラベルが合っていても間違っていてもいいのです。

「T」と判断したけれど、
「D」だった、
ゴールに関係ないと思って、
「NIL」とラベリングしたけれど、
あとから思いっきり「T」だった、
それでもいいのです。

起こるべきことに対して、
「ゴール側から評価する」
というクセを付けることが重要なのです。


答えが合っている、
合っていないは、
実はまったく関係ありません。

また雑念が出たら雑念に「D」
というラベルを貼ることは、
抽象度がひとつ上がることでもあります。

過去にあった出来事を思い出して、
「騙された」
「悔しい」と思うのは、
今の情動です。
現在の自分が判断しているのです。

やり始めると、
最初は過去の情動記憶は、
「D」(雑念)が多く、
なかなか「T」(真実)
が出てこないかもしれません。

また、現在の判断はゴールに関係ない
「NIL」が多くなってしまうと思います。

ようやく未来に少し、
「T」が出てくる程度でしょう。
それでも続けてやることが大切です。

続けることによって、
過去、現在、未来すべてが真実の
「T」になります。

ゴール達成側の自分から評価をすれば、
あのとき(現在、過去)のことは、
すべてが「T」だと言えるはずです。

そのときあなたは、
未来、現在、過去を、
自由にコントロールしていることでしょう。

spiral-3108161_1920

フューチャートレーニング



ゴールや目標を達成するには、
未来の自分の姿をイメージすること、
それがなによりも重要です。

フューチャートレーニングは、
文字どおり、
未来を見出だしつくりだすトレーニングです。

未来に対してラベリングをすることにより、
ゴールを想定し、
未来の自分がゴールに向かっている際に、
起こるべき出来事をイメージします。

ゴールを前提として、
近々自分に起こりそうなことです。 

たとえば、
たくさんの社会貢献をして、
人々から声援を受け、
表彰されている自分を思い描き、
「T」か「NIL」を判断して、
ラベルを貼っていきます。 

最初は3日後とか5日後とか、
近い未来を想定するほうがやりやすいかもしれません。
慣れてきたら、
だんだん遠い未来に起こるべき出来事をイメージしましょう。

ポイントは、
未来に起こるべき出来事をイメージするときも、
考えないで、
パッとイメージします。

考えると、
今の自分の評価が出てしまうからです。 
過去のセルフイメージで、
未来を縛ってしまうと、
逆効果になってしまいます。

ゴールに関係ないものをイメージしたら、
「NIL」
ゴールに関係あるものには、
思索を交えないで、
「T」
と言いましょう。


未来の記憶にも、
好ましい情動記憶を貼り付けます。

過去の出来事と現在の出来事には、
リアリティがありますが、
未来の出来事に対して、
リアリティを持つのは難しいので、
パレット・トレーニングでアンカーとした、
好ましい記憶を張り付けるのです。 

未来に起こるべき出来事を思い浮かべ、
それが「T」だった場合に、
3つくらいの出来事(合成した情動)を呼び起こし、
それを貼り付けて記憶を作ります。

そうすることによって初めて、
ゴールに向かって未来にあるべき姿がリアルになるのです。

自分で未来の選択肢をつくり、
私達個人の力を見出だし、
未来をコントロールする感覚を増幅させていきましょう。

pattern-3109720_1920

リソリューショントレーニング



良いことがあれば、
わるいこともある。

うまれてからずっと、
良いことがつづいているような人は、
私のまわりにはいません。

むしろ、
良いことが何年何十年とつづいてしまっては、
それがいったい良いことなのかすら、
わからなくなってしまうでしょう。

このトレーニングの出だしは、
嫌なことを思い出すことから始める、
少し変わったトレーニングです。


まず、
悲しい、
悔しい、
大失敗したー!など、
過去に強いマイナス情動が起きた出来事を思い出し、
それに対して
「T」と「NIL」のラベルを貼っていくのです。

安心してください。
マイナスもプラスも、
どちらも大きな力になるという意味では、
同じなのですから。

そして次に、
その時「どうやって解決したか」を思い出すのです。 

大きなマイナスの情動があったにもかかわらず、
「現在も生きている」
のですから、
どんな問題があっても、
自分には解決能力があったということに対して、
無意識にエフィカシーを作ることが大切になります。

つまりこのトレーニングの主旨は、
自分にとって意味のあるエフィカシーを探しだすということなのです。

解決できた!
という評価を頭の中で作りながら、
それがゴールに関係あることなら「T」
ないことなら「NIL」と、
考えずにラベルを貼り付けます。

そのたびに
「私はどんなことでも乗り越えてきた」と、
できれば声に出して言いながら、
過去のネガティブな情動を思い出し、
それがゴールに関係あれば「T」、
なければ「NIL」とラベルを貼っていきます。 

ポイントは、
過去の記憶に、
現在の判断が入らないようにすることです。

過去の記憶を思い出しているときに、
現在の雑念が入ったら同じように
「D」と言います。

また、
過去の記憶から連想される別の記憶が出てきてしまったら、
それも雑念なので「D」と言いましょう。


いろいろなことを乗り越えてきた自分の能力や実力に気づけば、
もう「自信ないです」
なんて言わなくなります。

このトレーニングをしっかりとおこなって、
どんなことでも、
余裕で解決していきましょう。


christmas-2932077_1920

TRUE or NILトレーニング



なかなかゴールが達成できない、
自分のコンフォートゾーンが維持できない、
何がなんだかよくわからない。
それよりも、
いつも余裕でゴールが達成できる。
コンフォートゾーン?つくればいいじゃん。
ふむふむ、
これとこれはこうなっているのだな。

後者の方が良い。
と思ったのであれば、
こちらのトレーニングをオススメします。


パレットトレーニングが身についたら、
今度はカードを使わずに、
今、目の前で起こっていることに対してラベルを貼っていきましょう。

たとえば、
会話の内容でもかまいません、
映画を見ているときでもかまいません。
どんなことでもかまいません。

あなたのゴールに関係することであれば、
「T」(ティー)と言います。
TはTRUE(=真実)のことです。

ゴールに関係ないことなら、
「NIL(ニル)」と言います。
ちなみにNILはLispで、
「値がない」というシンボルです。

「T」「NIL」は、
口に出して言ってください。
慣れてきたら、
心の中で言ってもかまいません。

このトレーニングを続けていると、
最終的には、
目の前で起きていることが全部、
「T」だけになるはずです。


コンフォートゾーンは、
全部ゴールに関係することだけであるべきなので、
ゴールに関係ないことが、
目の前で起きているはずはないのです。

厳しいようですが、
本来はNILがひとつでもあってはならないのです。

トレーニング中は、
出来事がTかNILかと考えてラベルするのではなく、
無意識でラベルを貼ることが重要です。

どちらかを考えてしまうと、
その思考そのものが雑念になりかねません。
そういった雑念が出たら、
Dとラベルしましょう。


トレーニングを続けていくうちに、
まわりがTばかりになってきてから、
もしも目の前にNILがあったら、
その場所からサッと逃げ出すのも、
ひとつの方法かもしれません。

すべてがTの世界で、
この上なく素晴らしい人生を共にしましょう。


bokeh-3110802_1920

パレットトレーニング



人は、緊張をしたり、
好ましくないと思うと、
格段にパフォーマンスが低下してしまう生き物です。

逆を言えば、
「リラックスしていて心地よい」と思えば、
数百倍のパフォーマンスを発揮する生き物でもあります。

今回のお話は、
どのような時でも、
プライミングの働くコンフォートゾーン(心地良い空間)を促すことができるようになるトレーニング法です。



まずは16枚のカードの表に、
1から16までの数字を記載します。

裏には、日時、場所、出来事の三点を記載しましょう。

出来事の内容は、
うれしかったこと、
誇らしかったこと、
楽しかったこと、
気持ちいいと感じたこと、
美しいと感じたこと、
ワクワクしたこと、
おかしくて大笑いしたことなど。



次に表の数字だけを見て、
裏に書いてある時の気持ちが、
リアルによみがえるようにしてみます。

表(数字)がトリガーとなり、
裏(情動)のアンカーを自動的に思い出すようおぼえることがコツになります。

数字を見て、
裏の体験がリアルによみがえるようになったら、
次はカードを無造作に2、3枚選んでみましょう。

そして、それぞれのカードから呼び起こされる情動を合成、
ミックスするのです。



数枚のカードの記憶がミックスされ、
再現できた情動を、
今度は、
自分のコンフォートゾーン(心地よい空間)に結び付けます。

設定したゴール(目標)に対して、
今自分の在るべき姿を思い浮かべながら、2、3枚のカードのイメージを思い浮かべるのです。

そうすると、
だんだんとそのイメージがプライミングとなり、それがコンフォートゾーンになります。 



カードを選ぶのは、
目をつぶって選ぶなど、
必ずランダムにしてください。

意図的に選ぶと、
過去の自分のブリーフシステム(信念)のコントロール下に入ってしまうので、
逆効果になる恐れがあります。 



このトレーニングをしていると、
必ず過去のいやな記憶も連想され出てきてしまいます。

その時は、
その記憶に「D(ディー)(delusion)」
というラベルを貼り付けます。
もともとは妄想という意味ですが、
「雑念」ととらえて良いでしょう。

ただ、雑念という言葉を使ってしまうと、
言葉が意味を持ってしまい、
他の意識も想起されてしまうので、
なるべく意味のない言葉にしたほうが良いです。

あくまでも、
過去の良い思い出の再体験をすることだけが目的です。 
過去の雑念に対して「D」と言うことで、
その体験は自分にとって必要でないもの、
というラベルを貼るのです。 

そうすると、
今在るべき姿は好ましい感情で埋め尽くされていきます。

つまり、
「プライミングの働くコンフォートゾーン」になるのです。 

1日10分でも20分でもいいので、
やってみてください。
1時間でもOKです。

慣れてくれば3分でできるようになります。

私は仕事前や、電車の中、商談前などに、
頭の中で無造作にカードを数枚ひき、
プライミングの働くコンフォートゾーンをつくっています。


nature-3092555_1920



クロックサイクルトレーニング

時間は誰にでも平等!!

はたして本当でしょうか? 

楽しい時間はすぐに過ぎて、
つまらない時間はなかなか過ぎない。

このように感じたことが、
どなたにもある事でしょう。


そうです。
時間は感じるもの。
つまり脳のつくる情報なのです。


体感時間 生体時間 脳のCPUのことを、
広義でクロックサイクルと言います。 


クロックサイクルトレーニングによって、
高速で情報処理をこなすことができるようになれば、
大好きな趣味の時間を増やすことも、
自己実現や目標達成へ近づくことも容易になるのです。


つまり、
すでにみなさんの脳は、
高速で情報を処理し、
大きく壮大な目標を達成する能力を、
備えているということです。


まずは、
①現在の生活動作(特に情報処理)の把握
あなたが朝起きてから床につくまでの、
具体的な動作(情報処理)にかかっている時間を計ってみるのです。

・服選びにかかる時間
・食事などのメニュー選びにかかる時間
・本を読む時間など

これらを、
トレーニングする前に把握しましょう。

☆ポイント
歯磨きや通勤などの物理的な動作の短縮には限界があるため、
情報処理動作の短縮を主軸にしましょう。


②トレーニング
把握した情報処理動作に対してかかっている時間を、
意識的に短縮化していきます。

例えば、服選びにいつも5分かかっているのなら、
2分半というように、
最初は2倍速ほどで処理できるようにトレーニングしていき、
最終的には6倍速くらいまで速められると良いでしょう。

☆ポイント
苫米地式トレーニング法でも有名な、
メニュー1秒決めなども、とても有効です。


初めは時間が足りないと感じてしまうかもしれませんが、
慣れてしまえばこっちのものです。

クロックサイクルをガンガンあげて、
人生をさらに楽しみましょう!

by freestock.ca ♡

つねに良い状態に導く

あなたを良い状態、
良い心地にする要素は、
どのようなことでしょうか?


本日は、
自分自身を良い心地、
良い状態にするテクニックについてお話ししましょう。
どのような人でも、
良い状態を好ましいと思わない人はいないはずです。

多くの人はこう考えているようです。
良い状態は偶然に与えられることであると。
本当にそうなのでしょうか?

そういった考えの人たちは、
嫌なことが起きれば、
過ぎ去るまで涙を流し我慢をし、
次に起こると思われる良い状態を待ち望みます。

つまり何もしないで、
与えられることを待つだけなのです。
あなたはそういった人たちの考え方や行動を、
どう考え捉えるでしょうか?

私はいつもこう思います。
あなたは自分自身を常に喜ばせることができ、
いつでも良い状態でいられる、
たくさんの方法を知っていると。

もしも難しいと感じるのであれば、
具体的に、
自分自身を良い状態、
良い心地にする方法のリストを作ることをお勧めします。

私は気に入ったソファに座り、
音楽を楽しみ、本棚を眺めたり、
子供の笑顔を見ることや、
学術の探求をすること、
それ以外にも多くの事柄によって、
自分自身を良い状態に導いています。

あなたも自分自身を良い状態、
良い心地になるようにコントロールをして、
よりいっそう、
人生を豊かにしていきましょう。
5eb3bfa5c3e3d89ad37a716ae878440c_s

Words of Shakespeareーシェイクスピアの言葉

To be, or not to be: that is the question.
生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ。

There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.
物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。

There is a tide in the affairs of men. Which, taken at the flood, leads on to fortune; Omitted, all the voyage of their life. Is bound in shallows and in miseries.
人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。
silver-lining-2_2223769

Love like a shadow flies when substance love pursues; Pursuing that that flies, and flying what pursues.
恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。

A fool thinks himself to be wise, but a wise man knows himself to be a fool.
愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。

Expectation is the root of all heartache.
期待はあらゆる苦悩のもと。

The worst is not, So long as we can say, ‘This is the worst.’.
「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

Neither a borrower nor a lender be; For loan oft loses both itself and friend, And borrowing dulls the edge of husbandry.
金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

Words of Aristotleーアリストテレスの言葉③

To perceive is to suffer.
知覚することは、苦しむことだ。

Without friends no one would choose to live, though he had all other goods.
友人がいなければ、誰も生きることを選ばないだろう。たとえ、他のあらゆるものが手に入っても。

Hope is a waking dream.
希望とは、目覚めていて抱く夢をいう。

Those that know, do. Those that understand, teach.
知る者は行い、理解する者は教える。

To be conscious that we are perceiving or thinking is to be conscious of our own existence.
我々が知覚していることや考えていることを意識することは、我々自身の存在を意識することだ。

Revolutions are not about trifles, but spring from trifles.
革命は、些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。
swirl-plant-decoration-on-white-background_293-187

Well begun is half done.
始めうまくいったものは半分できたも同然。

Pleasure in the job puts perfection in the work.
働く喜びが仕事を完璧なものにする。

Anyone can become angry – that is easy. But to be angry with the right person, to the right degree, at the right time, for the right purpose, and in the right way – this is not easy.
誰でも怒ることはできる、それは簡単なことだ。しかし、正しい人に、正しい程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ること、それは簡単ではない。

Shame is an ornament to the young; a disgrace to the old.
恥は、若者にとって名誉であり、老人には屈辱である。

The aim of art is to represent not the outward appearance of things, but their inward significance.
芸術が目指すのは、ものの外見ではなく、内にある本質である。

The only stable state is the one in which all men are equal before the law.
唯一の安定状態は、法律の前に全ての人間は平等ということ。

Words of Aristotleーアリストテレスの言葉②

Happiness is the meaning and the purpose of life, the whole aim and end of human existence.
幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。

Dignity does not consist in possessing honors, but in deserving them.
威厳とは、名誉を得ているという事ではなく、名誉に値するという事から成る。

Excellence is an art won by training and habituation. We do not act rightly because we have virtue or excellence, but we rather have those because we have acted rightly.
 優秀さは訓練と習慣の賜物である。私たちは美徳と優秀さを持っているから正しく行動するのではない。むしろ正しく行動するから美徳と優秀さを持つ事ができるのである。

For one swallow does not make a summer, nor does one day; and so too one day, or a short time, does not make a man blessed and happy.
一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になることもない。このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。

For the things we have to learn before we can do them, we learn by doing them.
何かを学ぶとき、実際にそれを行なうことによって我々は学ぶ。

Time crumbles things; everything grows old under the power of Time and is forgotten through the lapse of Time.
時間は、物事を砕く。すべては時間の力のもとに成長し、時間の経過とともに忘れ去られる。
plants--black_19-138134

The greatest virtues are those which are most useful to other persons.
最大の美徳は、他人の役の立てることだ。

Nature does nothing uselessly.
自然には何の無駄もない。

Friendship is a single soul dwelling in two bodies.
友情とは、二つの肉体に宿る一つの魂のことである。

Mothers are fonder than fathers of their children because they are more certain they are their own.
母親は、夫よりも自分の子供の方を好む、何故ならば彼らは自分のものであることがより確かであるから。

Bashfulness is an ornament to youth, but a reproach to old age.
引っ込み思案は、若者には美点になるが、年配には欠点でしかない。

Youth is easily deceived because it is quick to hope.
若者は簡単に騙される。何故なら、すぐに信じるからだ。

Words of Aristotleーアリストテレスの言葉

The roots of education are bitter, but the fruit is sweet.
教育の根は苦いが、その果実は甘い。

I count him braver who overcomes his desires than him who conquers his enemies; for the hardest victory is over self.
私は、敵を倒した者より、自分の欲望を克服した者の方を、より勇者と見る。自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だからだ。

Man is a goal seeking animal. His life only has meaning if he is reaching out and striving for his goals.
人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

It is the mark of an educated mind to be able to entertain a thought without accepting it.
受け入れずして思想をたしなむことができれば、それが教育された精神の証である。

Misfortune shows those who are not really friends.
不幸は、本当の友人でない者を明らかにする。

A friend to all is a friend to none.
多数の友を持つ者は、一人の友も持たない。
health-education--study_19-134778

We are what we repeatedly do. Excellence, then, is not an act, but a habit.
人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。

Courage is the first of human qualities because it is the quality which guarantees the others.
勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、他の資質の土台となる資質であるから。

Happiness depends upon ourselves.
幸せかどうかは、自分次第である。

He who is to be a good ruler must have first been ruled.
人に従うことを知らないものは、よき指導者になりえない。

All men by nature desire knowledge.
すべての者は生まれながらに知恵を求める。

Love is composed of a single soul inhabiting two bodies.
愛とは、二つの肉体に宿る一つの魂で形作られる。

Words of Socratesーソクラテスの言葉②

Employ your time in improving yourself by other men’s writings, so that you shall gain easily what others have labored hard for.
本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

Let him who would move the world, first move himself.
世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。

Do not do to others what angers you if done to you by others. 
他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。

If a man is proud of his wealth, he should not be praised until it is known how he employs it.
金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。
perspective-stripes-shapes-on-white-background_91-2147487440

Wealth does not bring goodness, but goodness brings wealth and every other blessing, both to the individual and to the state.
富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にももたらすのである。

The only true wisdom is in knowing you know nothing.
唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある。

The only good is knowledge and the only evil is ignorance.
唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である。

Envy is the ulcer of the soul.
ねたみとは魂の腐敗である。

Words of Socratesーソクラテスの言葉

I know nothing except the fact of my ignorance.
私が知っているのは、自分が何も知らないということだけだ。

The unexamined life is not worth living.
吟味されざる生に、生きる価値なし。

I am not an Athenian or a Greek, but a citizen of the world.
われはアテネ人にあらず、ギリシア人にあらずして世界市民なり。

Think not those faithful who praise all your words and actions; but those who kindly reprove your faults.
あなたのあらゆる言動をほめる人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。

Remember that there is nothing stable in human affairs; therefore avoid undue elation in prosperity, or undue depression in adversity.
人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。
fresh-flower-white-isolated-green_18-7884

By all means marry; if you get a good wife, you’ll be happy. If you get a bad one, you’ll become a philosopher.
とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。

Thou shouldst eat to live; not live to eat.
生きるために食べよ、食べるために生きるな。

Death may be the greatest of all human blessings.
死は、人間のもっているすべての恵みの中でも最高のものである。

The way to gain a good reputation is to endeavor to be what you desire to appear.
良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ。

He is richest who is content with the least, for content is the wealth of nature.
一番小さなことでも満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれる富だからだ。

When the debate is over, slander becomes the tool of the loser.
討論が終わったとき、悪口は敗者の道具になるのだ。

Words of Mark Twainーマーク・トウェインの言葉④

It usually takes me more than three weeks to prepare a good impromptu speech.
気の利いた即席のスピーチの準備には、大抵3週間以上かかる。

I can live for two months on a good compliment.
よいお世辞があれば、2ヶ月はそれで生きられる。

Quitting smoking is easy. I’ve done it a thousand times.
禁煙なんて簡単さ。私はもう何千回もやめてきたのだから。

Good friends, good books and a sleepy conscience: this is the ideal life.
良き友、良き本、眠りかけた良心、これぞ理想の人生。
leaf-texture--green_19-133728
Foreigners always spell better than they pronounce.
外国人ってのは、たいてい、発音は下手だが綴りは正確だ。

Forgiveness is the fragrance that the violet sheds on the heel that has crushed it.
許しとは、踏みにじられたスミレの花が、自分を踏みにじったかかとに放つ香りである。

The only way to keep your health is to eat what you don’t want, drink what you don’t like and do what you’d rather not.
健康を保つ唯一の方法は、食べたくないものを食べ、飲みたくないものを飲み、したくないことをすることだ。

Clothes make the man. Naked people have little or no influence on society.
洋服が人間をつくる。裸の人間は社会にほとんど、あるいはまったく影響力をもたない。

Words of Mark Twainーマーク・トウェインの言葉③

When in doubt, tell the truth.
迷う時には真実を話せ。

Courage is resistance to fear, mastery of fear – not absence of fear.
勇気とは、恐怖に抵抗することであり、恐怖を克服することである。恐怖を抱かないことではない。

When angry, count to four; when very angry, swear.
怒りを感じたら、4つ数えろ。怒りが頂点に達したら、罵れ。

The trouble is not in dying for a friend, but in finding a friend worth dying for.
難しいのは友のために死ぬことではない。命をかけるだけの価値がある友を見つけることが難しいのだ。

Let us endeavor so to live that when we come to die even the undertaker will be sorry.
死んだら葬儀屋も悲しんでくれるくらいに一生懸命生きよう。
path-in-nature_19-124348
The man who doesn’t read good books has no advantage over the man who can’t read them.
良書を読まない者は、良書を読む能力のない者と少しも変わるところがない。

The man who is a pessimist before 48 knows too much; if he is an optimist after it he knows too little.
48歳より前に悲観主義者になる者は物事を知りすぎ、48歳を越えてもなお楽観主義者である者は物事を知らなさすぎる。

A person with a new idea is a crank until the idea succeeds.
新しいものを考えついた人も、それが成功するまではただの変人にすぎない。

Name the greatest of all inventors. Accident.
最も偉大な発明家は誰か。それは「偶然」である。

It is not best that we should all think alike; it is a difference of opinion that makes horse races.
我々が皆同じ考え方をしたからといって、それが一番いいということにはならない。競馬だって、意見の違いがあるからこそ成り立つのだ。

Truth is stranger than fiction, but it is because Fiction is obliged to stick to possibilities; Truth isn’t.
真実は小説より奇なり。なぜなら、フィクションは可能性を持っていなければならないが、真実はそうではない。

Words of Mark Twainーマーク・トウェインの言葉②

He liked to like people, therefore people liked him.
彼は人を好きになることが好きだった。だから、人々は彼のことを好きだった。

It is a good idea to obey all the rules when you’re young just so you’ll have the strength to break them when you’re old.
若いうちはどんなルールにも従っておくのが良い。どうせ歳をとればルールを破る力が手に入るのだから。

Advertisements contain the only truths to be relied on in a newspaper.
新聞の中で、唯一信頼できる事実が書かれているのは、広告である。

I don’t mind what the opposition say of me so long as they don’t tell the truth about me.
私に批判的な人たちが私のことを何と言おうと、彼らが真実を語らない限りは気にしない。

I was gratified to be able to answer promptly. I said I don’t know.
私は即座に答えることができて満足した。私は知らない、と言ったのだ。
fresh-leaves-seamless-nature-pattern_279-11687
Everyone is a moon, and has a dark side which he never shows to anybody.
人間は誰でも月である。誰にも見せない暗い面を持っている。

A banker is a fellow who lends you his umbrella when the sun is shining, but wants it back the minute it begins to rain.
銀行家というのは、太陽が照っているときに自分の傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや、それを返せと言うような奴だ。

To play billiards moderately well is the sign of a gentleman; to play it too well is the sign of a misspent life.
ビリヤードをまあまあ上手にプレーできるのは、紳士のしるしである。あまり上手すぎるのは、時間の使い方を間違えた人生のしるし。

What gets us into trouble is not what we don’t know. It’s what we know for sure that just ain’t so.
やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ。

Education: the path from cocky ignorance to miserable uncertainty.
教育とは、うぬぼれた無知からみじめな曖昧さへの道である。

A lie can travel half way around the world while the truth is putting on its shoes.
真実が靴を履いている間に、嘘は世界を半周する。

Words of Mark Twainーマーク・トウェインの言葉

All you need in this life is ignorance and confidence, and then success is sure.
人生で必要なものは無知と自信だけだ。これだけで成功は間違いない。

The human race has one really effective weapon, and that is laughter.
人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ。

The proper office of a friend is to side with you when you are in the wrong. Nearly anybody will side with you when you are in the right.
正しい友人というものは、あなたが間違っているときに味方してくれる者のこと。正しいときには誰だって味方をしてくれるのだから。

Kindness is a language which the deaf can hear and the blind can see.
優しさとは、耳の聞こえない者も聞くことができ、目の見えない者も見ることができる言葉なんだ。

Don’t part with your illusions. When they are gone you may still exist, but you have ceased to live.
夢を捨ててはいけない。夢がなくても、この世にとどまることはできる。しかし、そんな君はもう生きることをやめてしまったのだ。
geometric-speech-bubble-in-red-color_895138
If you tell the truth, you don’t have to remember anything.
真実をしゃべるなら、何も覚えておかなくていい。

If you pick up a starving dog and make him prosperous, he will not bite you. This is the principal difference between a dog and a man.
もし腹をすかせた犬を拾って不自由なく暮らせるようにしてやれば、噛んだりしないものだ。これが犬と人間の根本的な違いである。

When your friends begin to flatter you on how young you look, it’s a sure sign you’re getting old.
友人たちが「若く見えるよ」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ。

The best way to cheer yourself up is to try to cheer somebody else up.
自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。

Love seems the swiftest, but it is the slowest of all growths.
愛はもっともすばやく育つものに見える、だがもっとも育つのに遅いもの、それが愛なのだ。

Keep away from people who try to belittle your ambitions. Small people always do that, but the really great make you feel that you, too, can become great.
あなたの大きな夢を萎えさせるような人間には近づくな。たいしたことない人間ほど人の夢にケチをつけたがるものだ。真に器量の大きな人間は自分にも成功できると思わせてくれる。

Words of Platoープラトンの言葉

The first and best victory is to conquer self.
自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

Be kind, for everyone you meet is fighting a harder battle.
親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。

At the touch of love, everyone becomes a poet.
愛に触れると誰でも詩人になる。

The eyes which are the windows of the soul.
目は心の窓である。
silver-star-background-image-vector-pack_21-11312474
There are three classes of men; lovers of wisdom, lovers of honor, and lovers of gain.
人間の最も基本的な分類として、「知を愛する人」「勝利を愛する人」「利得を愛する人」という三つの種類がある。

Do not train a child to learn by force or harshness; but direct them to it by what amuses their minds, so that you may be better able to discover with accuracy the peculiar bent of the genius of each.
少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

Rhythm and harmony find their way into the inward places of the soul.
リズムとハーモニーは、魂のもっとも深いところに至る道を持っている。

Music gives a soul to the universe, wings to the mind, flight to the imagination and life to everything.
音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

自我ってなんですか?

自我ってなんですか?を詳しく音声で聞く

「自我」とは、
「たったひとりの存在」を選び出す関数のことです。
white-dots-pattern-abstract-background_91-2147487624
 数学的に言うと、
自我とは「全宇宙の中から特定の人を選び出す“部分関数”」のことです。
51WdvY3vQCL
自分の能力を最大限に引き出したい、第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい、
苫米地式コーチングは、あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

簡単に変えられるブリーフ・システム

簡単に変えられるブリーフ・システムを詳しく音声で聞く

 私たちはブリーフ・システムで判断していると説明しました。
そして、そのブリーフ・システムをつくりあげているのは、
「他人から聞いたこと」と
「物理的に体験したこと」という「情動記憶」です。

 つまり私たちは、情動にコントロールされているのです。
white-puzzle-vector-pattern_72147488618
物理的、肉体的、精神的な体験と、
「うれしい・うれしくない」という感情としての体験。
その両方が私たちを強く縛っています。
そして、これが人格をかたちづくっているのです。

 一方、
抽象度の高いブリーフ・システムは案外簡単に変えることができます。

 つまり情動とは直接結びついていないこと、
「地球温暖化が深刻だから、
ガソリン燃料の自動車に乗るのはやめておこう」と簡単に言えるのです。
51WdvY3vQCL
自分の能力を最大限に引き出したい、第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい、
苫米地式コーチングは、あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

生まれ変わりのキーワード『ブリーフ・システム』

生まれ変わるキーワード『ブリーフ・システム』を詳しく音声で聞く

自分が嫌いなところを克服して、新しい自分に生まれ変わりたい──。

 そういう「生まれ変わり」であれば、
苫米地式理論とトレーニングで簡単に変わることができます。

いったい何が変わるのでしょうか?

 それは、本質的なもののまわりにある「自我の判断基準」、
つまり「評価関数」です。
white-tea-cup-vector-illustration_72147490834
 たとえば、
ある人が「コーヒーにするか、紅茶にするか」を選ぶとき、
たいていは無意識に選択します。
悩んで選択する人もいるかもしれませんが。
そのときに悩もうが無意識に選択しようが、
そのときの選択は、どちらにしても、
たった2種類の評価情報で決定されます。

 このような評価情報を「ブリーフ」と呼んでいます。
ブリーフが私たちの行動を決めているのです。
そして、この無意識の行動を決めるシステムを
「ブリーフ・システム」と言います。

「他人から聞いたこと」と「物理的に体験したこと」
が私たちのブリーフ・システムをつくりあげているのです。

つまり、ブリーフ・システムを変えることができれば、
「自我の判断基準」「評価関数」が変わるということ、
新しい自分に生まれ変わることもできるのです。

51WdvY3vQCL
自分の能力を最大限に引き出したい、第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい、
苫米地式コーチングは、あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

FBACオンラインショップがついに登場!

FBAC公式ロゴ
Functional   Brain   Apparel   Company
ファンクショナル ブレイン アパレル カンパニー
デザイン総指揮 鈴木 一弘

1981年、東京都生まれ。

かつてドイツの企業と提携を結び、顔料工場を営んでいた曾祖父をもつ彼は、
幼少期に作詞や作曲、油絵や水彩画などのクリエイティブな趣味を持ち、
13歳から服飾デザインを学び、江戸時代の染め物等の文献を収集、
衣服の草木染めを始め本格的にデザイナーのキャリアをスタートする。

20代前半に京染めの師範に出会い、数年間技術を学び、
京染めと現代アートを応用した、次世代の新しい染め物を完成させ、
年間2000点以上の染め物アイテムを、すべて手染めで仕上げている。

Functional Brain Apparel Companyのコンセプトは、
ブランドネームにもなっている Functional Brain Science(機能脳科学)
をファッションに取り入れている。
手にしているだけ、身につけているだけで人を魅了する影響力を、
独特のデザインと染物で培った色使い、
未来的なスタイルで提供し、
ファッションのさまざまな可能性を探究しつづけている。

オンラインショップでは現在、
合計500アイテム以上のTシャツと、
スマホケース(iPhone6、5s、5)を取り扱っています。
b68f086a8967f36c87999a4b3d05e9bd  ゲシュタルト・マロングラッセ(ホワイト) 空 SUNYA・ヌバックブラック(iPhone6スマホケース)

エフィカシー・ブラックパール(グレー) a8d278d781865823b349e61a46a6c14a クロックサイクル・シークレットグリーン(iPhone6スマホケース)

54aa648ca9ec716bfd8ed2b6af2ce892 4e6931bccc14adf656bf0a60b686adac スコトーマ・ファインドット(iPhone6スマホケース)







『今日のDr.苫米地 2014/10/23〜10/25』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。







『今日のDr.苫米地 2014/10/20〜10/22』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。












『今日のDr.苫米地 2014/10/18〜10/19』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。










論理に必要な三要素


「論理に必要な三要素」を詳しく音声で聞く

論理的な文章や話し方に必要なのは、
「クレーム」「データ」「ワラント」の三点セットです。
この三要素を押さえておくだけで十分です。

第一に、「クレーム」とは、主張する内容のことです。
「文句を言う」という意味ではありませんので注意してください。

第二に、「データ」とは、
主張を裏づける事実です。
簡単に言うと、証拠資料のことです。

第三に、「ワラント」とは、
データの内容を裏づける論拠です。
日本人にとっては聞き慣れない言葉ですので、
わかりづらい概念かもしれませんが、
辞書には「根拠、保証」と載っています。
 light-in-blue-abstract-background_53-16877
いかにも主張を裏づけるようなデータを提示しても、
このワラントがなければ論理的に正しいとは言えず、
逆にまったく無関係なデータのように見えても、
ワラントの裏づけによっては、
しっかりとした論理が構築されていることも珍しくありません。

つまり「ワラント」とは、
「クレーム」と「データ」を結びつけるものと言ってもよいでしょう。

この三要素をまとめると、
何らかの「クレーム(主張)」をする場合は、
それが正しいと言える「データ(証拠)」と、
なぜそれが証拠となり得るかという「ワラント(説明)」が必要ということです。
そしてこれがそのまま、論理の大前提となります。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい、第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい、
苫米地式コーチングは、あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

逆腹式呼吸


ブログ内容を詳しく音声で聞く

肉体的なリラクゼーションとしては、
逆腹式呼吸が効果的です。
これは、息を吐き出しながら全身の力を抜いて緩めるだけで、
緊張感をなくすことができるという呼吸法です。
その際、できるだけ長く息を吐くとともに、
全身の力を思い切り緩めるように意識しましょう。
逆に、息を吸う時は何も意識しなくても構いません。
clean-banners-background-with-blue-stripes_72147490836
そして一息ごとに、
頭頂部、首、肩、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、つま先といった順に、
上から下へ向かって徐々に力を抜いていくようにイメージしてください。
普段からこの逆腹式呼吸を実行しておけば、
肉体的に緊張してしまうような場面でも、
息を吐きながら体を緩めた瞬間、
勝手に緊張感が抜け、
いつものリラックスした状態になります。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

セルフトーク 自己対話

自分で発する言葉というのは、
何度も繰り返すことで
刷り込み効果を発揮します。

とくに、過去に失敗した経験がある場合は、
そのことを繰り返し口にすることによって
記憶を引っ張り出してくるため、もう一度、
同じ失敗をしてしまう確率が高くなってしまうのです。

つまり「自分は何をやっても長続きしない」
と悩んでいる人は、
わざわざ自分から進んで
長続きしないようにしているということです。

もし自分を変える意思があれば、
「自分は何事も長続きする人間だ」
と言い換えましょう。
tulips-from-below_385-69

「長続きしないなんて、自分らしくない」と、
心のなかで毎日つぶやき続ければ、
自然とそうなっていきます。

また、「このゴールは私にはハードルが高すぎた」
「現実が見えていなかった」などと考えて
ゴールのレベルを下げてしまうというのが、
ありがちなパターンでしょう。

しかし、仮に現状の内側にある
〝現実的なゴール〟を設定し、
そこへたどり着いたとしても、
自分という人間の中身は何も変わっていません。
それでは意味がないのです。

変えるべきなのは現状の自分であり、
決してゴールのほうではありません。
valentine-hearts-shaped-vector-background_53-19896

ほとんどの人は、
ネガティブなセルフトーク
を毎日言い続けています。
みなさんのなかにも、
思い当たる人が少なくないかもしれません。

それでも、気づいた時が、
自分を変えるチャンスです。

ポジティブなセルフトークを繰り返すとともに、
これまでのエフィカシーの低い自分に別れを告げてください。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

ハイエフィカシーについての調査報告

高いエフィカシーがもたらす実際の効果については、
じつに興味深い調査報告がありますので、
ここで紹介しておきましょう。

アメリカの自己啓発・能力開発の最高権威である
ルー・タイスが設立したTPI(The Pacific Institute)
という教育機関と、
ハーバード・ビジネス・スクールの両者が協力し、
合計207の会社を対象に10年間以上、
追跡調査をかけたところ、

〝want to カルチャー〟が根づいたエフィカシーの高い企業は、
そうでない〝have to カルチャー〟の企業と比較して、

平均で売上高は約4倍、
株価にして約12倍、
純利益にいたっては、なんと約760倍
もの大差がついたというのです。
wedding-love-vector-background_52-15093

一瞬、目を疑うような数字ですが、
ハーバード・ビジネス・スクールが発表したデータである以上、
信用しないわけにはいきません。

また、最新の脳科学と認知心理学をもとに、
ルー・タイスと苫米地英人が共同で開発した
TPIE(Tice Principles In Excellence)という
自己実現プログラムは、現在約60カ国にわたり、
毎年270万人以上が受講しています。

とくにアメリカでは、フォーチュン500
(総収入によりランキングされた全米の上位500社)のうち
62%の企業が採用しているだけでなく、
NASAや国防総省などの連邦政府諸機関、
各州政府、警察、刑務所、有名大学などにも導入され、
顕著な効果を発揮しています。

また、最近では、
各国のオリンピックチームなどでも続々と採用されています。
bouquet-of-red-roses-picture_38-4194

こうした実績が証明しているように、
ポジティブなセルフトークによってエフィカシーを高めていけば、
みなさんにも確実に効果が表れます。

ただし、ネガティブなセルフトークを続けていると、
自然とそのような自己イメージが形成されてしまいますので、
十分な注意が必要です。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

ゴールの正しい使い方

ゴールとは、ただの目標やスローガンではありません。
そこへたどり着くには、
コンフォート・ゾーンに合致させた上で
〝ゴールの正しい使い方〟を覚え、
積極的に使い倒さなくてはいけないのです。

そのためには、まず最初に
ゴールを達成している未来の自分の姿
をビジュアライズ(可視化)する必要があります。
valentines-day-background-with-hearts_895335

たとえば、海外を舞台に活躍したいという人は、
社長のお供として世界中を忙しく駆け回っている自分の姿
をイメージしてください。

ビジュアライズといっても、視覚を使うだけではありません。
「ワーズ(言葉)」
「ピクチャー(絵・五感)」
「エモーション(情動)」
のすべてを動員させて「将来、こうなっていたい」
という未来の自分像を思い描き、
できるだけリアルな「絵」として全身で感じるようにするのです。

ゴールを達成しているまさに
〝その時〟あなたはどこにいますか?

屋外でしょうか?それとも部屋のなかですか?
そこに何が見えますか?
どんな音が聞こえるのでしょうか?
季節は?時間は─。
halftone-background-with-dots_72147488646

こうして、できるだけ細部まで思い描くことで、
将来の自分像がリアルな絵となって立ち現れてきます。

そして次に、
ゴールを達成している時の自分の感情を
「嬉しい」「楽しい」「誇らしい」など、
過去に体験したポジティブな感情を言葉にして、
未来の自分像に重ねるのです。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

ホメオスタシスとコンフォートゾーン

人間の脳には、
周囲の環境の変化に対して、
常に安定した状態に保とうとする働きがあります。
これを医学用語で
ホメオスタシス(恒常性維持機能)と呼びます。
yellow-honeycomb-hexagon-geometric-background_279-10409

たとえば、私たちの体は、
気温が高くなると
発汗や皮膚血管の拡張によって
体温を下げようとする一方、
気温が低くなると
体が震えて体温を上げようとします。

ホメオスタシスは、
こうした物理空間の変化だけでなく、
たとえば「これが自分である」
といった情報空間の変化に対しても働きます。
もともと生命維持のための機能ですから、
変化が大嫌いで、
とにかく現状を維持しようとする特徴があります。
abstract-green-leaves-vector-illustration_53-8635

たとえば、
ダイエットに挑戦して一度は痩せたとしても、
すぐにリバウンドしてしまうというのが、
まさにそうです。
本人の意識とは関係なく、
ホメオスタシスが「太っている自分」
という自己イメージを変えないように働いた結果、
自然と元に戻ってしまうのです。

また、いつも遅刻をする人が、
たまたま約束時間よりも早く待ち合わせ場所に着くと、
何となく居心地の悪さを感じる
というのも同じです。
そうすると、次は「遅刻する自分」
という自己イメージに沿って
約束時間に遅れるとともに
「やっぱり自分は遅刻する人間なんだ。
この前は、たまたま間に合っただけだ」
と自分を納得させて安心してしまうのです。

このようにホメオスタシスによって
維持しようとする範囲のことを
コンフォート・ゾーンと呼びます。
これは肉体的にも精神的にも
自分が最も居心地のよい慣れ親しんだ領域のことです。
natural-green-graphics-background-vector

したがって、
自分を変えるためには、
まずゴールを設定して
コンフォート・ゾーンを現状からズラす必要があります。

それができれば、
今度は現状(=いまの自分)の居心地が悪くなり、
ホメオスタシスが働いて
ゴールを達成するような思考や行動が、
自然とできるようになるのです。

言うまでもなく、
そこには努力など一切必要ありません。

たとえば、子どもが一晩中、
ゲームをしていたからといって、
「よく努力したね」
と褒める親がいるでしょうか?

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

ドリームキラーはあなたの価値と無関係

自分の可能性を信じられないのは、
幼い頃から夢を語るたびに、

親や他人から
「そんなの無理だ」「できるはずがない」
と言われ続けたことで、
あなた自身もそう思い込まされているからです。

このように
夢の実現を不可能だと思わせる邪魔者のことを
ドリームキラーと呼びます。

ドリームキラーは
あなたに対して直接攻撃してくる他人の存在だけでなく、
あなた自身の心の奥にも潜んでいます。
flower-vector---template

悲しいことに、他人に夢を否定され続けると、
やがて「学歴が低いから」
「容姿が劣っているから」「能力がないから」など、
何かと理由をつけてゴールを目指す前にあきらめる
という悪い習慣を作ってしまいます。

しかし、よく考えてください。
それは誰かに不本意にも持たされてしまった価値観、
つまりドリームキラーが原因であり、
本来の能力とは無関係です。

この際、はっきり言っておきましょう。

将来的に生み出せる価値は、
現状の能力とは一切関係ありません。
自分の可能性を信じることができれば、
現在のエフィカシーによる限界を排除し、
本当になりたい自分(ゴール)
を描くことができるようになります。

むしろゴールと現状のギャップが大きいほど、
上昇へのエネルギーは大きくなるのです。
abstract-yellow-vector-background

可能性を秘めた人だけが、
高いゴールを目指すのではありません。
現実はまったく逆です。
高いゴールへと向かう意志のもとに可能性が生まれ、
それにふさわしい価値があとから形成されていくのです。

まずはみなさん自身が、
そう強く信じてください。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

責任・判断脳力を養う習慣

自己責任能力を養う習慣
■約束時間の十分前には現地へ到着する
■毎朝、決まった時間に起床する
■遅くとも夜中の一時までに就寝する
■食生活を見直して体重をコントロールする
■日常に適度な運動を取り入れる
yellow-dots-perspective-in-abstract-white-background
自己判断能力を養う習慣
■日経新聞のほか全国紙(読売、朝日、毎日、産経)も読む
■お笑い・バラエティー系の娯楽番組は見ない
■毎日、日経平均株価をチェックする
■興味のある会社の株価を毎日追う
■就職希望の企業を実際に訪ねてみる

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!
苫米地式コーチング・メニュー  

人事の実情

最新の脳機能研究の成果によると、
日本の人事制度は、
個人の能力を下げる
モチベーションが働くことがわかっています。

驚くべきことに、いまの社会では、
能力のある人が出世するシステムになっていないのです。

資源や軍事力を持たない日本では、
今後も経済力、
つまり〝人の力〟に頼っていくしかありません。

その意味で、
みなさんが将来どんな企業人に成長するのかは、
100年、200年、
あるいはそれ以上のスパンで考えると、
国家の存亡にも関わる重要な問題なのです。
owl-couple-perched-together-on-a-full-moon-night
なかにはこうした事態にいち早く気づき、
すでに改善を進めている企業もありますが、
とくに高度成長期以来ずっと続いてきた古い企業の風土は、
それほど簡単には変わりません。

私自身、アドバイザーとして、
数多くの経営者に直接働きかけていますが、
個人の生産性を高める新しい時代の企業カルチャーが、
社会全体へ浸透するには、
あと二十年、三十年くらいはかかるでしょう。

したがって、いまはまだ、
ほとんどの企業が、
年功序列や終身雇用を金科玉条とする
古い体質を引きずっているということです。

なりたい自分になれる 就活の極意
脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」
脳機能学者・カーネギーメロン大学博士 苫米地英人 より
就活の極意
自分の能力を最大限に引き出したい
第三者の能力を無限に引き出したい
スコトーマ(盲点)を外したい
苫米地式コーチングは、
あなたが本来持っている
無限の可能性を引き出します!

『今日のDr.苫米地 2014/10/16〜10/17』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。









『今日のDr.苫米地 2014/10/15』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。














『今日のDr.苫米地 2014/10/13〜10/14』

下記文章は、Dr.苫米地から許可を得て掲載しています。






プロフィール

kazhiro_suzuki























  • ライブドアブログ